イギリス生活

イギリスのお家でピッ、ピッ、と鳴り続ける謎の警告音

投稿日:2017年1月12日 更新日:

こんにちは、Muです。

今日は私が最近体験した、イギリスのお家で過ごしていると
あなたも直面するかも知れないお話です。

外出先から帰ってきたときのこと。どこからともなく「ピッ」という音が。
結構大きい音です。それは連続して聞こえるのではなく、およそ20秒に一度、ただただ「ピッ」と聞こえるだけ…。

最初は空耳?と思いましたが、静かにして耳をすましているとまた「ピッ」と…。得体の知れないこの音に、鳴る度にビクっとしてしまいました。
音の主を探してみると、どうやらアパートの廊下にある火災報知器が鳴っていることを突き止めました!

おそるおそる外してみると、こんな感じ。

これが天井についています。
ちなみに外し方は「TURN TO REMOVE」と書いてあるので回して外そうと試みたですが、どうも外れにくい。

少し無理矢理外してみると、なんとツメが折れてしまいました。。皆さんもご注意ください!

こわしちゃったのは私の過失になりますので、退去するまでには新品を購入しようと思っています。(ネットで検索してみると、類似品が£15前後でありました)

裏の注意書きをよく見てみると、
「When horn beeps at approximately one minute intervals replace battery.」と。ふむふむ。
どうやら「警告音が一分間隔で鳴ってたら、バッテリーを交換してね」ということみたいです!

「なんだ、ただのバッテリー交換か〜」と思い、
どんなタイプの電池なんだろうと開けてみると、私は初めて目にする形でした。

9Vという種類のバッテリーのようです。
電池を外し、「ふ〜、とりあえず音の正体は突き止めたし、電池は後で買いに行こうかな」と思っていたら、なんとまた報知器から「ピッ」と…!
電池を外してるのになぜ!?
とにかく早くバッテリーを交換しろと、瀕死状態でも訴えてきます。ちょっとしたホラーです。

すぐさま近くのスーパーに買いに走り、無事に生き返らせることが出来ました。
ちなみに電池は、スーパーオリジナルの安いものだと2本入りで£3〜4くらいでした。
高いものだと1本でそのくらいのお値段でした。

もしイギリスのお家で、今回の我が家のような警告音が聞こえたら、
火災報知器かもしれません。

とりあえず、火災報知器が鳴っていないかどうかチェックしてみて下さい。

ブログ村ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ



Sponsored Link

-イギリス生活

Copyright© UK LIFE , 2018 AllRights Reserved.