ファッション・美容 美容

MUJI(無印良品)のローションシートで経済的にオリジナルパック!

投稿日:2018年3月24日 更新日:

こんにちは、Muです。

イギリスに来てから、乾燥がひどく(まぁ歳のせいもある)、スペシャルケアとしてお肌のパックは欠かせません。

イギリスにも、種類は少ないですがパックは売っています。イギリスではポピュラーなブランド「GARNIER(ガルニエ)」から、Tissue Mask(ティッシュマスク)という名前で発売されており、一枚£3前後でBootsやSuperdrugなどのドラッグストアで入手できます。

 

 

試してみると、パックとしては◯。ただ大きいんですよね。。大きすぎて、余っちゃうんです。目元も大きく穴が開きすぎ。もっと目の周りギリギリまでカバーしてほしい。日本のパックだったら程よいサイズ感なのにな…。

と思い、韓国系スーパーマーケットに行ってみると、さすが美容大国の韓国。フェイスパックをたくさん取り扱っていました。サイズもアジア人に合ったものでちょうどいいし、これはいい!と思っていたのですが、ちょっと匂いが好きじゃない…。そして韓国語で説明書きがされているので、成分も何が入っているのか理解できない…。そしてちょっぴりお高め…。

 

 

そんな折、我らがジャパニーズブランド・無印良品(イギリスではMujiと言います)のロンドンにある店舗に立ち寄ったときのこと。

 

 

ローションシートを売ってる〜!この商品は、コイン状のシートに手持ちのローションを染み込ませると、手軽にオリジナルパックを作れるというもの。日本でも発売しているので、ご存知の方も多いと思います。

日本では350円で発売しているものが、イギリスでは£4.95…。でも20パックも入っているから、ティッシュマスクが一枚£3なのを考えるとこれはかなり経済的!

 

 

こちらは目元用のローションシート。口周りなどにも使えます。20パック入りで£1.5。

 

 

今回は、ローションシート5個入りを買ってみました。£1.75なので、ガルニエのティッシュマスクに比べるとかなりお得です。

ただ、肝心のローションはた〜っぷり使った方がいいので、大容量の化粧水を手に入れるのがおすすめです。あんまり高い化粧水をじゃばじゃば使うと、結局経済的じゃなかったってことにもなるので注意です。。

さて、使ってみると、たっぷりローションを含んだシートは顔全体を覆ってくれ、アジア人にちょうど良いサイズ感。さらに目元も程よい開き加減なので、やっぱりアジア人にはアジア人向け商品が合うんだなぁと実感しました。

これなら、匂いが気になったり成分が気になったりすることもないし、安心ですw


Sponsored Link

-ファッション・美容, 美容

Copyright© UK LIFE , 2018 AllRights Reserved.