イギリス生活

BRITA(ブリタ)のカートリッジ交換方法

投稿日:2017年2月7日 更新日:

イギリスの水には石灰が入っているため、浄水器BRITA(ブリタ)がイギリス家庭でよく使われていることを以前お伝えしました。(記事はこちら

今回は、そんなBRITAのカートリッジ交換方法をご紹介します!

部品の紹介

最初に、それぞれの部品の名称をご紹介します。

本体…ポット型に取っ手がついています。
フタ…本体の上部についています。(取り外し可)
ファンネル(水受け部)…本体の中にはさまっている部品です。(取り外し可)
カートリッジ…ファンネルの下部にセットされています。(取り外し可)

カートリッジの紹介

こちらがBRITAのカートリッジ。
スーパーをはじめ、ドラッグストアなど何処にでも売っています。2個入りで£10と少々お高め。

今回は6個入りを購入しました。

中にはカートリッジが個包装で入っています。

カートリッジ本体はこんな感じ。

袋には交換方法が記載してありますが、少しわかりにくいかも…ということで、今回、私が持っているBRITAがちょうど交換時期が来たので、交換方法をご紹介したいと思います!

カートリッジ交換時期の確認方法

フタについている液晶画面を確認します。

最初はメモリが4本あると100%で、それが2週間ごとに1本ずつ減っていきます。
すべてなくなったら交換時期。つまり8週間経つと交換のタイミングです。

 ⇨ 

今回はまだ1本残っていますが、そろそろ消える予定なので、少し早めですが交換します。

カートリッジ交換方法

使用済みのカートリッジをはずす

使用済みのカートリッジを取り出しましょう。

フタをはずす。(引っ張るだけで簡単にはずれます)

フタをはずした後、上部から見るとこうなっています。

ファンネルにセットされているカートリッジの、輪っか部分に指を引っ掛け、軽く引っ張って取り出す。

カートリッジを取り出し終わったら、ファンネルと本体を綺麗に洗いましょう。

新しいカートリッジを取り付ける

新しいカートリッジを水の中に浸け、気泡を抜く

ファンネルにカートリッジを取り付ける

ぎゅっと真ん中を押して入れ込みます。
ファンネルを逆さにしても、カートリッジが落ちてこなければ大丈夫です。

最後にフタをつけて、交換は終了です。

液晶画面のメモリを全て表示させる

フタをセットして、液晶画面のSTARTボタンを5秒程度長押しします。
メモリが全て表示され、点滅したら設定完了です。

 ⇨ 

最初の2杯はろ過しても捨てる

カートリッジの使用準備のために2回程ろ過が必要です。
ファンネルがセットされている本体に、水道水をそそぎ、ろ過されたら捨てます。それを2回行います。

3回目からは料理や飲料水として使用してもOKです。

この説明の⑸の部分ですね。

 

以上、BRITAのカートリッジ交換方法でした。

 



Sponsored Link

-イギリス生活

Copyright© UK LIFE , 2018 AllRights Reserved.